子どもの肥満はなぜいけないの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

前回は、子どもの肥満が増えてきていていること、子どもが肥満であるかどうかの判定の仕方についてお話しました。

では、なぜ子どもの肥満はいけないのでしょうか?

その大きな理由は以下の4つです。

 

①    小児期の肥満は、成人の肥満につながる。

幼児期肥満の25%、学童期肥満の40%、思春期肥満の70〜80%が成人の肥満に移行すると言われています。

 

②    生活習慣病など、肥満の合併症が起こる。

肥満は、生活習慣病と言われる2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などの原因となります。

成人ほどの%ではないですが、肥満のひどい子どもたちに、これらの生活習慣病が見られることがあります。

また、喘息や睡眠障害の原因になるとも言われています。

 

③    大人になってから、生活習慣病や冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)を発症しやすくなる。

子どもの頃には発症しなくても、肥満の子どもは、大人になってからの生活習慣病のリスクが高くなったり、冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)を発症する確率が高いことが明らかになっています。

 

④    精神的健康問題のリスク。

肥満がいじめの原因になることがあります。子ども自身にとっては、身体の問題よりこちらが一番大きい悩みになることでしょう。

いじめが起きると、外での活動ができなくなり、ストレスが積み重なります。

そこで家の中でストレスを解消しようとして、家に引きこもってゲームをしたり、暴飲暴食や不規則な食生活を送り、ますます肥満を進行させるという悪循環に陥る可能性があります。

 

☆☆☆☆

 

 

子どもの肥満が、なぜ良くないのか、分かっていただけたかと思います。

 

肥満により、子どものうちに生活習慣病にまでなってしまうことは、まれです。

しかし、子どもの頃に肥満であることは、成人になってからの健康に大きく影響してきます。

 

そして、大人と違う子どもの肥満に特徴的な問題は、学習を含む日常生活に悪い影響が出てきやすいということです。具体的には、肥満により運動能力が低下し、体育の授業などで大きく遅れをとったり、肥満によるいじめや不登校も起きたりします。

 

思春期になると、体格が形成されてしまう事、生活習慣が定着してしまう事から、肥満を改善するのが困難になります。

そのため、小児肥満の治療は出来るだけ早く始め、食生活を含む生活習慣を改善することが重要だと言われています。

 

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

3歳から6歳までの食育で子どもの個性を伸ばす!魔法の食育ヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事