爲我井あゆみ

爲我井あゆみayumi tamegai

年長児でおもらしをしてしまった私をからかう友達に、『先生がお花のお水をこぼしちゃったの』と担任の先生が言ってくれているのを聞いて、幼稚園児の頃から、幼稚園教諭になるのが夢でした。

 

幼稚園時代の担任の先生、ピアノの先生、中学時代の部活の厳しい先生、大学の教授、幼いころに食が好きになったきっかけをくれた母親、など、たくさんの周りの大人に恵まれ、そんな先生になりたい、何か自分の得意で子どものためにできることをしたい!食の大切さを伝えたい!と思っていた矢先、青空キッチンの立ち上げのお話をもらい、ふたつ返事で参加しました。

食育は、子どもたちが認識するにはきっかけがなくてはならないと思います。

 

ただ食べるのでなく、食にはたくさんの学びと大切なことを育む力要素があります。

そのきっかけを作るのが私たち青空キッチンのトレーナーの使命であると思っています。

3歳から6歳までの食育で子どもの個性を伸ばす!魔法の食育ヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加