豆をまいた後も楽しめる節分

2月3日の節分が近づいてまいりました。

節分といいますと、恵方巻や、

豆まきと思い浮かぶかと思います。

 

子どもが節分で一番楽しい

豆まきについて

どんな食育ができるか

お話をしたいと思います。

 

 

【節分とはどんな行事?】

以前の記事で節分について具体的な

コラムがありますので

こちらをお読みください。

「節分の意味と行事食」

 

 

【豆まきで遊びながら食育】

豆まきというと、一昔前は炒った大豆を

部屋にまき、窓を開け家の中に住む

鬼(邪気)を家の外に追い出し

福を呼び込むものとして昔から

伝わっているイベントですね。

 

少し前までは、個包装されていない

1パックの大豆を升にいれて

まくことが一般的でした。

 

しかし大豆を撒くと、皮がはがれたり

ふんづけたりして、お部屋が汚れ

後片付けが大変・・・。

 

なにより食べ物なのに

撒いた後食べれない!

もったいないですよね・・・。

 

最近は、数個が1つになった

個包装の炒り大豆も販売されており

個包装のまま投げることができて

後片付けも格段に楽になり

しかも、食べれるように

なったり画期的な商品だなと

思いました。

 

今年の豆まきは皆さんは

個包装で行いますか?

 

実はもっと食育に

おすすめな豆まきがあります!

 

それは「落花生」の豆まきです。

 

 

我が家は大豆を投げたことが

数えるほどしかなく

落花生を投げて節分を

行っていました。

落花生を升にいれ各部屋を

「おにはそと!」「ふくわうち」と

姉と投げまわったものです。

 

撒き終わったあとは

お片付け競争が始まります!!

 

姉妹で、母の「よーいどん」の合図で

各部屋の落花生を回収します。

これがとにかく楽しいんです。

 

最後にどちらががたくさん

取れたかなどと見せ合い

楽しかったですし

思わぬところから見つけたときの

お宝を見つけたような感覚は

今でも忘れられません。

 

また落花生は殻が付いているので

割って中を食べることができます。

(*ピーナッツアレルギーの

方はご注意願います)

 

実際に落花生を触ってみると

固いので触感を楽しむことができます!

においをかいでみると

とても香ばしく嗅覚を楽しめます。

 

また、振ってみるとカラカラと音がして

何が入っているのかな?と

子どもはワクワクします!

 

そんなときの声掛けポイントは

「何が入っているんだろ?

開けてみよっか?」など

事前に声をかけてあげることで

子どもの好奇心は高まります!

 

触覚をたのしみ、割って食べることで

ピーナッツの原型を知る食育ができます。

 

落花生を割るのはなかなかコツもいるので

お母さまたちと一緒に割って食べる

というのもお子様の心の

成長にも良いいですね。

 

娘に落花生を見せてみると、

「これ音がするね!一つ一つ違う音が

するからママきいてみて!!」

と、音がするのは大人もしっていましたが、

それぞれ違う音がするのは

びっくりしました。

 

高い音だったり、鈍い音だったり

フリフリするのが楽しくなりますね!

 

さらに沢山にぎって、ピーナッツダンス

といって、即興で踊ってくれました。

投げる以外にも、ダンスにも使えるとは!

節分ダンスなんてあったら楽しそう。

 

 

歳の数分だけ食べるといわれているので

食べることが大好きな私は落花生の

個数で歳の分を食べていました。

 

年々歳の数分は量的に難しいので

満足いく量を頂くようにしています。

 

今年は是非落花生で楽しく

豆まきしてみませんか?

 

 

【今年の恵方巻の方角】

2020年の今年は『西南西』だそうです!

ここ最近はスマートホンのアプリでも

方位磁石がありますので、

方角を探してみてくださいね。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
成松千紘
管理栄養士として、親子の食育について日々、青空キッチン平塚スクール&大人向け時短料理教室C'C-HOUSEにて活動中。 忙しいママでも、30分で3品作れるレッスンや子どものお手伝いのポイント等について、レッスンやブログ等でお話しています。
成松千紘

最新記事 by 成松千紘 (全て見る)

3歳から6歳までの食育で子どもの個性を伸ばす!魔法の食育ヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事