きのことチーズのリゾット

調理時間 30

材料( 3~4 人分)

きのこ類(舞茸、しめじ、エリンギなど)
150g
ベーコン
100g
150g
オリーブオイル
大さじ1
☆コンソメ
大さじ1/2
☆水
600ml
☆ローリエ
1枚
☆白ワイン(酒)
大さじ1
パルメザンチーズ(粉末)
大さじ3~
バター
30g
黒胡椒(大人用)
少々

作り方

1
1
【下準備】
●きのこ類は食べやすい大きさに切る。
●ベーコンは細切りにする。
●コンソメと水を火にかけて温めておく。
2
2
フライパンにそのままキノコ類を入れて、きつね色になり、木べらで押すとキュキュッと音が聞こえる位まで強火でしっかりと炒め、出来たら取り出す。
3
3
(2)のフライパンに細切りにしたベーコンを入れカリカリになるまで炒め、出来たら取り出す。
4
4
(3)のフライパンにオリーブオイルを入れ、米を炒める。軽く炒めたら☆印の温めたコンソメ半量と白ワイン、ローリエを加え中火で混ぜながら10分くらい煮込む。
5
5
水分が減ってきたら、温めた残りのコンソメを全部加え、中火強で時々混ぜながら10分位加熱する。米のかたさをみて、アルデンテ(芯が少し残るくらい)まで煮上げ火を止める。
6
6
仕上げにベーコンときのこ類を加え、バター、パルメザンチーズを加えて手早く混ぜ完成。
7
7
仕上げにパルメザンチーズをかけて、好みで大人は黒胡椒をかけて完成。

レシピ製作者から一言

  • お米は洗わずにつかいます。
  • ベーコンやキノコを炒める時は、カリカリにしたいので強火で炒めていきますが、焦がさないように火加減を調節してください。
  • ベーコンやチーズに塩味があるので、コンソメは少なくしています。味見をしてチーズの量もお好みで加減してくださいね。
  • きのこはお子様の好き嫌いが多い食材の1つですが、食べてほしい食材でもありますよね。今回最初にきつね色になるまでしっかりと炒めてリゾットにしてしまうと、チーズもたくさん加わるのできのこの香りが薄れて、食べられるかもしれませんよ。
  • フライパン1つで出来るし、材料もシンプルなので、夏休みのお昼ご飯のレパートリーに加えていただけたら嬉しいです。
  • 今回はパルメザンチーズ(粉末)を使用していますが、パルメジャーノレジャーノがある方は、本格的なリゾットになりますから使ってみてくださいね。
The following two tabs change content below.
松野文枝
キッズ食育マスタートレーナー。 青空キッチン熊本校主宰。 ベネッセ熊本おやこの広場スタッフ。 熊本市在住一男一女の母。 大学卒業後、池坊お茶の水学院料理にて専門的に料理を学ぶ。 同学園料理教室にてアシスタントとして勤務。 結婚後は地域で親子料理教室、花嫁修業レッスンなどを料理教室を主宰し、簡単だけれど美味しいレシピ開発など行ってきました。 しかし我が子の子育てで食に悩むことに・・ 食が細く食べない!体の小さな子を育て悩んだ10年。 その悩んだ経験を自分のスキルに活かそうと、 2016年熊本地震後、すぐ日本キッズ食育協会の講座を受講し、認定トレーナーから認定マスタートレーナーになる。 青空キッチン熊本校で指導していると、子どもたちの心の声が聞こえてくる・・子どもたちの心の置き場所に熊本校がなれるように、一人一人の心に寄り添ったレッスンを心がけている。 また熊本県にて、子ども達とお母様たちの笑顔を増やしていく活動をしています。
松野文枝

最新記事 by 松野文枝 (全て見る)

   

この記事を書いた人

松野文枝(マスタートレーナー)
The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新 […]

最新の記事

最新のレシピ

3歳から6歳までの食育で子どもの個性を伸ばす!魔法の食育ヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加