簡単デザート!いちごのパンナコッタ

調理時間 10

材料(4人分)

牛乳
400cc
生クリーム
200cc
グラニュー糖
60g
いちご
120g
レモン汁
小さじ2
バニラエッセンス
少々
粉ゼラチン
16g

作り方

1
1
いちごがみじん切りにする。
2
2
鍋に牛乳、生クリーム,グラニュー糖を入れ、グラニュー糖が完全に溶けるまで中火で混ぜながら沸騰直前まで加熱し、火からおろし、粉ゼラチンを加えて混ぜながら溶かし、ボウルに移す。
3
3
ボウルの底を氷水に当てて、ゴムべらでゆっくりと混ぜ、
とろみがついたら型に等分に流し入れ、
いちごも加え、ラップをして冷蔵庫で冷やし固める。
4
4
仕上げにいちごを飾る。

レシピ製作者から一言

●調理時間に冷やし固める時間は入っておりません。

●粉ゼラチンはふやかさないで使えるゼラチンを使用しています。

●作業は簡単なので、苺のヘタを取ったり、混ぜたり、

 お子様と一緒に作ってみてくださいね。

●いちごを入れなければプレーンのパンナコッタなので、

 そのままでも良いですし、いちごの代わりにキウイやその季節のフルーツをのせても美味しくいただけます。

 

The following two tabs change content below.
松野文枝
熊本市在住。社会人の娘と高校生の息子の母。 青空キッチン熊本校主宰。 ベネッセ熊本おやこの広場スタッフ。 大学卒業後、池坊お茶の水学院料理にて専門的に料理を学ぶ。その後同学園料理教室にてアシスタントとして勤務。結婚後は地域で親子料理教室などを開催しながら、食の大好きな家庭を築く予定でしたが、我が子は食が細く、食べない!さらにひと回りも身体が小さな子を持ち、悩んだ10年。 食べない子を育てた経験をして、初めて世の中のお母様たちが子どもの食について悩んでいる人が多い事を知り、キッズ食育を学び資格取得し、 現在は子どもだけではなく、資格取得を目指す方への養成講座も行っています。 又、ベネッセのスタッフとして、多くのお母様たちの幼小中高大と我が子のお受験の経験から教育、そして食育の相談にのっています。 『幸せは食卓から』・・ 子ども達とお母様たちの笑顔を増やしていく活動をしています。
松野文枝

最新記事 by 松野文枝 (全て見る)

3歳から6歳までの食育で子どもの個性を伸ばす!魔法の食育ヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加